岐阜のママをハッピーにするイベントや講座、交流会などの情報サイト

事例4 便利なネット通販…でも、こんなトラブルが!

  • HOME »
  • »
  • 事例4 便利なネット通販…でも、こんなトラブルが!

近年、スマートフォンの普及に伴って、手軽に商品が購入できる通信販売を利用する方が増えています。しかし、「返品や交換ができない」「代金を先払いしたが商品が届かず連絡も取れない」「偽物が届いた」「お試し購入のつもりが定期購入だった」…などの相談が多く寄せられています。

商品が返品できない

ネット通販で健康器具を注文した。商品が届いてみると、思っていたより大きく、部屋には置けない。すぐに電話をし、返品を申し出たが「返品を受け付けていない」と断られた。

通信販売の返品・交換
通信販売にはクーリング・オフ制度がないかわりに、特定商取引法において、通信販売の返品ルールが定められています。

原則として商品到着より8日以内であれば、商品を返品可能となります。しかし、返送にかかる送料は消費者が負担することになります。ただし、『返品特約』(返品の可否や交換の条件、返品に係る送料負担の有無)がある場合は、この返品ルールは適用されません
たとえば「返品不可」「返品できない」と記載されていたり、「~の場合は返品できません」と記載されていたりして、その条件に該当する場合などは返品できません。
この返品ルールは、クーリング・オフ制度と混同されることがありますが、クーリング・オフとは全く別の制度ですので注意しましょう。
通信販売は実物の商品を手に取って試すことができないので、イメージと違ったり、自分に合わなかったりといった問題がよく起こります。注文するときには『返品特約』をしっかり確認しましょう。

商品が届かない

インターネットで格安のブランドバッグを注文し、前払いで代金を振り込んだ。一週間で届くはずが、一か月経っても届かない。メールで問い合わせしたが返信がなく、注文サイトを確認したところ、業者の住所・電話番号が記載されていなかった。

商品の未着・連絡不能
このようなトラブルを防ぐために…

*商品代金が極端に安い
*変な日本語が使われている
*住所が海外やマンションになっている。または存在しない
*電話番号が携帯電話番号
*支払方法が銀行振込み・口座名義が外国人名
ネット通販では、こうしたショップでないかを必ず確認しましょう。
また、申込みをすると、「規約」を承諾したことになりますので、商品だけではなく、その「規約」の条項を詳細に確認しましょう。

お試し」のつもりで申込んだが「定期購入が条件」だった

通販サイトに「ダイエットサプリ500 円」との表示があったので注文した。コンビニで代金を支払った。2週間後、また商品が届いたので、驚いてサイトを確認したら「4回の定期コース」と書いてあり、2回目からは代金が8,000 円となっていたが、2回目以降の代金は高額で払っていけない。

解約を申し出たところ通常価格で購入すれば解約できると言われた

「美白クリーム1,000円」の広告を見つけた。1,000 円と安かったので購入し、コンビニで代金を支払った。1か月後、2回目のクリームが届いた。事業者に確認すると、5回継続の定期購入コースになっていると言われた。「使用したら皮膚が真っ赤になったのでやめたい」と伝えたところ、「1回分の通常価格は9,500円。届いた2回分の通常価格合計額19,000円と既に支払った1,000 円との差額18,000円を追加で支払えば解約に応じる」と言われた。支払わなければいけないのだろうか。

【お試し・定期購入】
1.「定期購入が条件となっていないか」など契約内容をしっかり確認しましょう

2.「解約・返品できるかどうか」など解約条件をしっかり確認しましょう
3.事業者に連絡をした記録を残しておきましょう

スマートフォンでHPを見ていると、商品や金額に目がいき、上記の契約内容や・解約条件を見逃しがちです。必ず、確認した上で申し込みをしましょう。

<参照資料>
とても分かりやすく説明されていますので、ご覧になってください。
独立行政法人 国民生活センター
「お試し」のつもりが「定期購入」に!?
―健康食品などのネット通販では、契約内容や解除条件をしっかり確認しましょうー
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20171116_1.pdf

インターネット通販は、パソコンの他に携帯電話などからも簡単に利用でき、中高生から高齢者まで多くの方が利用しています。
しかし、購入前に実物を見たり手にとったりできないため、イメージと違う、サイズが合わないなどのトラブルになることがあります。
また、注文時の注意書きをよく読まずに注文し、「返品・交換ができなかった」「お試しのつもりで注文したのに定期購入になっていた」といったトラブルもあります。
通信販売にはクーリング・オフ制度がありません。返品は各々で決められた返品ルールに従った上で可能ですが、返品不可の表示がある場合は基本的に返品できないため注意が必要です。
面倒でも契約の詳細な内容や返品のルールについてよく確認してから申し込むようにしましょう。

PAGETOP
Copyright © クローバ!ネット All Rights Reserved.